狭小住宅はなぜ選ばれる!?そのメリットを紹介します


土地代を抑えられるのが一番の特長

都心では狭小住宅を購入する人が増えていますが、最大の魅力は土地代を安く抑えられることにあります。地価の高額なエリアにおいては、建物より土地代のほうが高額になります。狭小住宅は必然的に土地が狭くなりますが、三階建てにすることで居住スペースを確保できるでしょう。スペースを上手に活用すれば生活動線に不便を感じず、かつ十分な収納スペースを確保できます。同じスペースであっても工夫次第で広くも狭くもなるのです。

何より狭小住宅は土地代を節約できるので、住宅ローンからの借入額を抑えるために役立ちます。ローンには利息が必ず発生しますので、借りれば借りるほど多くの利息を支払うことになります。利息を最小限に抑えるためには、借り入れをいかに減らすかが重要になるわけです。土地代を抑えて浮いた費用をインテリアの資金に回すという人もいます。水回りの設備にこだわったり、高級な家具や家電を選んだりする選択が可能になるわけです。

アクセスを大切にする人に適している

狭小住宅を選ぶうえで重視したいのはアクセスでしょう。駅前から近いほど通勤や通学が楽になりますので、多くの人は駅近くに住みたいと考えています。ただ駅チカ物件ほど地価が高額になりますので、住宅の購入費用は大きくなりがちです。安くて広い建物に住みたいなら郊外を選ぶのが得策ですが、広さよりもアクセスを重視する人には狭小住宅が適しています。特にひとり暮らしにおいては、部屋が狭くても苦痛にならないことが多いです。自分ひとりで生活する状況においては、駅チカに狭小住宅を建てるメリットが非常に大きいと言えます。

狭小住宅とは、一般的に約15坪以下の土地に建つ住宅の事です。土地が狭い分、コストを抑えながら地価の高いエリアに住めるというメリットがあります。