綺麗な家はねらわれる!防犯対策を取り入れた庭とガレージを!


庭や駐車場に不審者が侵入しにくい家造り

注文住宅で綺麗な家を建てたところ、住み始めて間もなく空き巣に入られたり車上荒らしに遭ったりする報告が多いことは否めません。綺麗な庭は、空き巣の絶好の隠れ場所になってしまいます。せっかく快適な家に住み始めたのに、犯罪に遭っては残念ですよね。新しい家は目立ちますし、ねらわれやすいので注意が必要と言えます。何より最も大切なことは、家を設計する際に防犯対策もしっかりと組み入れておくことです。注文住宅だからこそ、不審者が侵入しにくい工夫を施した家にしたいものですね。

家造りの際にできる防犯対策

それでは一体どのようにすれば犯罪に巻き込まれずに済むのでしょうか。まず、ガレージから考えていきます。一戸建ての場合、ガレージの位置は玄関の前か横、もしくは裏側になることが多いです。夜間や留守中に不審者に忍び込まれて車の犯罪に遭わないようにするには、エントランス部分とガレージの地面は砂利を敷き詰めましょう。砂利であれば、誰かが入ってきたときに足音が響きやすくなります。不審者に気付くことができて、車上荒らしの予防につながります。さらに軒下や玄関前やガレージの壁には、防犯カメラを設置しておくと良いですね。

次に、庭に関しては、できる限り死角にならない位置に庭を造ることがポイントです。そしてフェンスを設置するなら、見えやすいものにしましょう。目隠しフェンスは不審者が身を潜めるのに最適な場所になってしまいます。実はオープン外構の庭のほうが、犯人の隠れ場所がなくて防犯効果は高くなるのです。また庭にも外灯を設置して、夜は照らしておくことも大切です。注文住宅では、外構部分に工夫をして防犯性のある家に仕上げましょう。

名古屋の注文住宅に関心を持っているなら、展示場を訪れることが大事です。住宅の間取りや素材を確かめられますし、スタッフに質問することができます。