良い注文住宅作りは建築業者を納得できるやり方で選ぼう


建築会社の得意分野から見つける

注文住宅選びの基本として、よい建築会社やハウスメーカーと出会うことが最優先といわれています。しかし何を基準として選んだほうがいいのか、判断に迷う人も少なくありません。理由のひとつとして、あまりにも情報が多すぎることがあげられています。

建築会社やハウスメーカーのサイトを見てもよいところばかり書いてあり、読んでいる間に判断に迷うのはよくあることです。

対策として、自分が建てたい家の予算や広さ、構造を確認し、その予算と広さで注文住宅を建てることが得意な建築会社やハウスメーカーを探しましょう。注文住宅の中でも鉄筋構造を得意とする会社と、木造建築を得意とする会社があります。会社ごとの得意分野を比較サイトや口コミサイトで確認すると絞り込みやすいです。

絞り込んだらどうやって決めたらいいか

ある程度絞り込んだら、その中でも特に気になる会社を数社選び、見積もりを依頼してください。各社のプランごとに価格設定が異なるため、見積もりを依頼することで会社ごとの特徴が明確となります。見積もりの内容を確認するだけではなく、見積もりの内容でわからないことがあったときに、必ず相手に質問をしてください。

見積もりに関して正確に、誠実に答えてくれる企業であれば、家造りに関しても信頼が置けるでしょう。しかし、見積もりに対していい加減なことを言う企業や、受け付けた社員の対応があまり誠実ではない企業の場合は、依頼を避けたほうが安全です。信頼できる企業の場合、わからないことに対して誠実に答えてくれること、見積もりの内容が良心的であることが知られています。納得出来る見積もり内容と対応であれば、依頼しても問題ありません。

2000万の家を購入する場合、新築なら交通の便や立地条件等を譲歩すれば、そこそこ大きな家を購入できます。中古であれば立地も状態も良好な物件もあります。要は自分の中で何を優先するか明確にする事が大事です。